事例紹介


咬合再構成を目指した上下左右臼歯部補綴のノリタケAAAメタルセラミッククラウン

咬合再構成例において、補綴物が口腔内で長期にわたり維持、安定していく為に、我々技工士にできる事、それは咬合接触点の数ではなく、いかに意味のある咬合接触点を獲得できるかを、治療の早い段階から、担当歯科医師とディスカッションをし、症例のリスクを共有していく事に技工士の責任を感じます。
担当歯科医院 清須市 岡崎歯科
担当医 岡崎伸一 先生

プロビジョナルクラウンの精度を上げる事がそのままクロスマウントの精度へ直結する。

プロビジョナルクラウンの精度を上げる事がそのままクロスマウントの精度へ直結する。

この時、ラボからの提案は、咬頭の位置、形態を考慮しながら下顎偏心運動時に干渉をおこさない様、咬合接融点の取捨選択につとめることである。

この時、ラボからの提案は、咬頭の位置、形態を考慮しながら下顎偏心運動時に干渉をおこさない様、咬合接融点の取捨選択につとめることである。



TEL:052-653-1987